福山雅治の結婚相手?!吹石一恵の父、吹石徳一さんは野球選手?

大人気シンガーソングライターの福山雅治さん。その福山さんが先日自身の億ションを引き払い、いよいよ結婚か?!という噂がまことしやかに流れましたね。

そして、その結婚相手が何と吹石一恵さんではないかという噂です。

結婚と言えば、男にとって最大の難関が相手の父親への挨拶ですよね?笑

既婚の男性ならだれしもわかることかと思います。

そこで、今回は吹石一恵さんのお父さんである吹石徳一さんについて紹介してみたいともいます。

スポンサードリンク



吹石徳一さんとは?

さて、いくら吹石一恵さんのお父様とはいえ、吹石徳一さんは検索ワードでもよく引っかかりますよね?

何故か?

そう、元プロ野球選手なのです。

それでは吹石徳一さんのプロフィールを紹介しますね。

fukiisitokuiti

社会人野球の日本新薬を経て、1974年のドラフトで近鉄バファローズから4位で指名されプロ入り。

背番号は25で、引退まで近鉄に在籍してこの背番号をつけていた。

内野はどのポジションでもこなせる器用さがあったが、控えの俊足・堅守の内野手として、内野手にアクシデントがあった時に登場することのある選手であった。

野球人としての経歴

・元近鉄バッファローズの内野手

・近鉄バッファローズコーチ

・楽天イーグルスのスカウト

・日本新薬のヘッドコーチ

として野球に携わっていますね。

徳一さんは凄く真面目で選手時代は嗜好品(お酒やタバコ)は一切手を付けなかったほど野球に打ち込んでいたようですね。

その真面目で誠実な性格は娘の吹石一恵さんにもしっかり受け継がれていると思います。

詳しくは書きませんが、上記にもあるように、吹石徳一さんはとても器用で内野手のポジションはどこでも守れたようです。

野球をやっていたことがある人、野球に興味がある人は想像できると思いますが、野球において内野と一言で言っても、すべてを器用にこなすというのは本当に難しいのです。

野球を知り尽くしていないと。

野球のポジションのショートやセカンド1つとっても動きは違いますからね。

スポンサードリンク



吹石一恵さんの父、吹石徳一さんが教えそうな野球の技術

守備に定評のあった吹石一恵さんの父、吹石徳一さん。

その父、吹石徳一さんが教えそうな守備の極意は構えの姿勢です。
構えの際、注意するべき点としては、「次の動作へ反応しやすく、動きやすい構え」であることです。
つまり、「リラックスした体勢」であればまずは問題ないということです。
リラックスした体勢ということは、自然な姿勢で無駄な力をいれずに待つということです。
ただあくまでこれは「理想の状態」でしかないので、リラックスしていればいいというわけでもありません。

動きやすい構えということも大事です。
内野の場合、基本的な姿勢は前傾姿勢といわれています。「前傾姿勢」とは言いますが、「前傾姿勢」だけを行うのではなく、

「重心を落とす」ことが本来重要なことであり、それが結果的に「前傾姿勢になる」だけです。

誰も、「重心を落とせ」といわれてのけぞるような重心の仕方はしないと思います。

このように、小手先のテクニックではなく、あらゆる状況に対応できる極意を教えてくれるのではないかと考えています。

そして、守備職人としてのマインドは。

ピッチャーが「よし、打ち取った!」と思った打球を確実にアウトに出来る内野手。
これが、本当に良い内野手だと伝えるのではないでしょうか。

大抵の内野手が華麗にカッコ良く守ろうと考えているにも関わらず、当たり前のプレーを当たり前にこなそうとする内野手が素晴らしいのです。

難しい打球も「難しかったんですよ」と見せない。簡単にさばいて、投手にしっかり打ち取ってたよって伝えているわけですね。

多くの内野手は逆です。簡単な打球を派手にさばき、自分のおかげでアウトにできたと見せているわけです。

どこのポジションが難しい?!

野球ネタが続きますが、折角吹石一恵さんのお父さん、吹石徳一さんの話題なのでもう少し野球の話題で引っ張りたいと思います。

野球ではどこのポジションが難しいのでしょうか?もちろん、どこのポジションも難しく、極めて行くには並々ならぬ努力が必要ですが、主観的に紹介してみたいです。

1.投手
身体能力・野球センスがチームで一番ある選手がやることが多い。
そのためプロ入りする選手はほとんど投手経験あり。
プロで活躍する選手は、まさに神業というべき感覚の持ち主。

2.遊撃手
投手に次いで身体能力や野球センスが必要とされる花形ポジション。
アメリカでは投手より優先されている。
守備の要であり、肩も強くなくてはならない。
遊撃手から捕手以外のポジションにコンバートされることも多い。

3.捕手
代えのきかない、専門性の高いポジション。
身体的な条件として肩が強いこと、また怪我しにくいことが求められる。
アメリカでは打撃のポジションだが、日本では難しいポジションとされる。
打撃を買われ、一塁手や左翼手にコンバートされることも。

4.二塁手
センターラインとして守備が重視されるポジション。
肩の強さはそこまで求められないが、遊撃手とは逆の動きのため、慣れないとかなり難しい。
遊撃手の経験者が多く、打撃重視の場合三塁手にコンバートされる選手もいる。

5.三塁手
打撃重視のポジションの一つ。
やはり内野手なので細かいプレーは多いが、センターラインよりは負担が軽い。
打撃重視ということもあり、一塁手もできる選手が多い。

6.中堅手
三塁手より守備の負担は大きいが、専門性はそこまで必要でない。
守備範囲の大きさが一番に求められるが、細かいプレーは少ない。
外野手の中では最も俊足が要求されるポジション。

7.一塁手
いわゆる打撃のポジションだが、意外と難しい。
内野としての細かいプレーの他、捕球技術が求められる。
肩が弱かったり守備範囲は狭かったりしてもいいので、晩年の選手が多い。

8.右翼手
現在は名手がそろうポジションであり重要だが、難しいポジションではない。
三塁への送球を考えて肩の強い選手を置くことが多い。

9.左翼手
最も負担の少ないポジションと言える。
勿論守備範囲が広く肩がいいことに越したことはないが、それ以上に打撃が求められる場合が多い。

いかがでしょうか?皆様の考えとどのくらい同じで、どのくらい違うでしょうか?

福山さんと吹石一恵さんが一度破局したとき

それでは本題の吹石一恵さんと福山雅治の話題に戻りますね。

福山さんと吹石一恵さんが一度お付き合いしていたという噂も有名ですよね。

その当時も結婚も噂されたと思うのですが。

色々あって別れてしまったみたいなのです。

タイミング悪く、福山さんと吹石一恵さんが別れたときに(捨てられた?)ときに、誰かが吹石徳一さんに「娘さん良かったですね」と言ったときに。

吹石徳一さんが「良くないよ!」と声を荒らげたことがあるようです。

「良かった」と言った人は破局を知らなかった分、すれ違いでしたね。

そう、福山さんが吹石一恵さんの父、吹石徳一さんに挨拶をする際、そういった困難もあるから大変だろうなとおもうわけなのです。

実際、福山さんが吹石一恵さんと結婚するとすると?

実際、福山さんと吹石一恵さんの結婚が決まるとすると、吹石一恵さんの父、吹石徳一さんはどういった反応をするのでしょうか?

一旦、怒るのでしょうか?

それとも相手が福山雅治さんであるということを考え、しっかり認めるのでしょうか?

父親としては娘が取られる寂しさもあるでしょうが、相手が福山さんであるから男として文句はない。となると悪い反応はできないと思います。

しかし、一度娘である吹石一恵さんが傷つけられていることを思うと釘は指すかもしれませんね。

その辺りも今後、ファンとしては楽しみな情報かなと思います。

福山さんと吹石一恵さんさんの結婚の情報に関する記事が他にあるので、そちらも是非チェックしてみてください。!!

今回は、福山雅治さんの結婚、その相手吹石一恵さんの父親・吹石徳一さんの横顔、そして野球選手時代にもふれてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサードリンク



 

関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ