福山雅治。映画「るろうに剣心」で剣心の師匠・比古清十郎に

大人気シンガーソングライターの福山雅治さん。今回は福山さんが映画「るろうに剣心」で剣心の師匠を演じているという報道が再度あったため、ネットでの評判やその記事のまとめなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク



某SNSサイトのニュースで福山さんが映画「るろうに剣心」で剣心の師匠役を演じるという見出しでニュース記事が上げられていました。

このサイトをご覧の方は既に試写会の段階からご存知だったとはおもうのですが・・・

もう一度紹介したいと思います。

とは言っても第二弾の映画「るろうに剣心」が封切りされてから随分と経つのに報道が遅いなという印象もあります。

さて、福山さんが映画「るろうに剣心」で演じる剣心の師匠とは誰なのでしょうか?笑

福山けんしん

記事のまとめ!

それではその某SNSサイトの記事のまとめをまずは紹介したいと思います。

8月1日の公開から17日間で興収30億円を突破するなど、大ヒットを記録している映画「るろうに剣心 京都大火編」。

るろうに剣心

その後編で、シリーズ完結編となる「るろうに剣心 伝説の最期編」が9月13日より全国公開されるが、8月18日、本ポスタービジュアルと、登場のみ明かされ謎に包まれていた福山雅治の役柄についても発表された。

今回解禁された本ポスタービジュアルは、「未来のために。」というキャッチコピーを元に作られており、

傷を負いながら遠くを見つめる緋村剣心(佐藤健)、幼少の頃に受けた酷い虐待故に喜怒哀楽の楽以外の感情を封印していたはずの瀬田宗次郎(神木隆之介)が感情をあらわにしているカット、そして注目の福山雅治が何か問いたげな表情をしているカットなど、本作に登場するキャラクターたちが志々雄を軸とする戦いの先に見出した“未来”を象徴したビジュアルに描かれているのが特徴のようです。
この志々雄との壮絶な戦いの終わりを予感させるビジュアルについて、宣伝プロデューサーの木村徳永氏は「それぞれのキャラクターが戦いの先に何を見て、何を感じたのか? というコンセプトのもと、本作を見て強く感じた“ドラマ性”を表現しました」と、その制作意図を語っています。

また、福山雅治が演じているのは、剣心の師匠・比古清十郎(ひこせいじゅうろう)であることが判明。

天涯孤独となった幼い剣心に剣術(飛天御剣流)を教え、生きる道を説いた、原作でも人気の高いキャラクターで、これまでにない激しいアクションシーンに挑み、剣術の達人である剣心よりさらに強い師匠という大役を務めている。

実際にも“先輩”と“後輩”であり、佐藤健が「比古役は福山さん以外考えられないくらいぴったり」と語るほど、信頼し合う二人の息の合った師弟ぶりに注目が集まりそうですね。

以上が、掲載されていた記事のまとめになるのですが。

そうですね、第二弾の段階では福山さんは最後にバンッとでるだけで、まだ素性はあかされていないのでしたね。となると、一応知らないということになるんですよね。

ただ、福山さんファン、剣心ファン、そしてこのブログをご覧になってくれている方はとっくの昔に知っていたため、遅いような感じを受けちゃいましたね汗

実際、私も今更??

って思ってしまいました笑

スポンサードリンク



福山=比古清十郎記事のネットでの反応は??

福山さんが比古清十郎を演じることを知っていた人、知らなかった人など、様々な人の書き込みがあるのですが、色々な角度から紹介してみたいと思います

・師匠はゴリマッチョじゃないと違和感ありすぎる

この意見は試写会の段階でもありましたね。でも福山さん最近マッチョなのでいいのではないでしょうか?

福山さんのるろうに剣心で比古清十郎役をやるという情報は試写会のときから話題になっていましたね。

・予想が当たった!予想が当たった。
福山氏が出演すると聞いて、多分お師匠さん(比古清十郎)の役所ではないかと思いやした。

まぁイメージは離れておりやせん。

それにしてもこの映画の殺陣は斬新ですねぇ。

と、純粋にここまで、予想して今この瞬間で福山さん=比古清十郎と知ってテンションが上がっているファンの方の意見ですね。

こういう楽しみ方が素敵だと思います。

ただ、このブログで福山さん=比古清十郎を紹介していたので、読んでいて欲しかった笑

・やっぱり福山かよ

比古だったんすね。

個人的には、もっとゴツイ人が良かったんですが、比古清十郎は。

でも、見た目で言うなら、志々雄の包帯とか、大久保利通の貫禄の無さとかあるけど。

大久保も、もっと大柄な体格のほうが良かったと思う。

映画観てなくて、予告動画くらいでしか観てないけど、川路より低いか同じくらいだったような、背が。

比古清十郎が出てくるということは、九頭龍閃とか天翔龍閃を拝めるんだろうか?

でも天翔龍閃はスピードで誤魔化せそうだけど、九頭龍閃はどうかな・・・。

九つ同時に当てるとか、物理的に不可能なのに。笑

そういう技は抜きで、単に強くなるための修行を受けるために比古清十郎に会うのかもしれへんね。

と、福山さんの体格に対する疑問はある程度出ているものの、おおむね比古清十郎の登場に異を唱える人はいないようです。

原作ファンはやはり九頭龍閃などの技をどうするのか?

が気になるようですね。確かに私もその辺の超人技は気になります。

実写で好評の珍しい映画

ここまで、好評の漫画の実写映画って珍しい気もしますよね。

実写ってCGとかで原作に世界観を近づけて、時間内に収まるように脚色して失敗しているケースが多い気がするのですが。

その中で、実写版「るろうに剣心」は非現実的な要素を極力排除してある所為か、非常に完成度が高く、成功している部類だと思う。“技名叫んでるけどただ身体能力たけーだけじゃねーか“という原作のチープな作り込みも上手く補えていると思った。

比古清十郎さんは別に筋肉ムキムキでなくても良いとおもいます。唯我独尊オレ様オレツエーオレスゲーという仮面を被った思慮深いイケメンからかけ離れていなければ問題無い。ただ、ストーリー的にどうも師匠のおちゃらけキャラのシーンは無さそうだ。

という意味で、うまく作り込まれているため、ここまでの大ヒット作となっているのかもしれませんね。

ちなみに、僭越ではありますが、なぜ映画「るろうに剣心」が大ヒットしたのかという考察を記事にしています。

良かったらご覧下さい。

福山ヒコシャア3

るろうに剣心おもしろネタ

それだけ映画「るろうに剣心」が人気だと言うことでしょうが、面白ネタのようなものが存在します。

個人的には笑ったので紹介したいと思います。

剣心「なんでござるか」

俺「不殺って、人を殺さないって意味だよね?でもこれ、刃が逆に付いてるってだけで鉄の固まりでしょ?」

俺「こんなんで人を殴ったら死んじゃうよね?しかもキミさ、なんか凄い剣術の使い手なんでしょ?」

俺「飛天御剣流っていったっけ。それであのわざあるよね、九頭龍閃」

剣心「・・・」

俺「あるよね?」

剣心「・・・あるでござる」

俺「あれってさ、一瞬で9回も目にも留まらぬ突きを出すんだよね。これ、鉄の塊。これでそんなことしたらさ、どうなる?」

剣心「・・・」

俺「死んじゃうよね?剣術やってるならわかるでしょ?こんな重いもので凄い速度で人を殴ったら死んじゃうことくらい」

俺「これで不殺なんてちゃんちゃらおかしいよね?そもそも人を殺さないなら闘わなければいいんだし」

俺「もっといえば、逆刃ってことはいざという時は刃を使うつもりってことでしょ?本当に刃を使わないなら付ける必要ないもんね」

剣心「・・・もういいでござる」

俺「よくないよ。まだ話してる途中だよ。あれ?なんで刀を抜いてるのさ、ねえ。どうするの?脅すの?」

剣心2

こういうのって個人的には好きなんですが、皆さんはいかがですか??

さて、今回は福山さんが演じる比古清十郎に関する記事を書いてきた訳ですが、比古清十郎ってどんな役なのかということも気になりませんか??

福山雅治さんが演じる「比古清十郎」という記事を書いています。

是非そちらを参照してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサードリンク




関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ