福山雅治出演映画の「るろうに剣心伝説の最期編」舞台挨拶!!

大人気シンガーソングライターの福山雅治さん。今回は福山さんの出演映画である「るろうに剣心」第二弾の後編「伝説の最期編」の舞台挨拶が先日行われていたようです。『るろうに剣心 京都大火編』(公開中)の後編でシリーズの完結編である『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開)の世界最速上映会が、9月3日に新宿ピカデリーで開催されました。

今回はその第二弾後編「るろうに剣心 伝説の最期編」の舞台挨拶に関する記事を書いてみたいと思います!!

スポンサードリンク



剣心ポスター

全編「京都大火編」後の舞台挨拶

前編「京都大火編」終了後、佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督が舞台挨拶に登壇し、その後、観客と共に後編「伝説の最期編」を鑑賞した。

上映後、4人は再び舞台に上がり、主演の佐藤健さんは「僕が一番感動しています。この後、みんなと飲みに行って話したいです」と瞳を潤ませ、感想を語っていたようです。

佐藤健さんは様々な映画やドラマに出ていた人気俳優さんですが、この「るろうに剣心」にはやはり並々ならぬ思い入れが有るようです。だから瞳を潤ませての感想を語るということも納得です。

佐藤健が語る比古清十郎を演じた福山雅治について

この舞台挨拶で佐藤健さんは福山雅治さんについてこのようにかたっていたようです。

「剣心が師匠の前でしか見せない姿に気づきました。『龍馬伝』の時もそうでしたが、福山さんはどんな速いボールを投げても受け止めてくれる。そんな大きさを持っている方なので、全力でぶつかっていけました」

と充実感あふれる表情を見せた。そうなんです。この二人は事務所の先輩後輩であり、さらに、龍馬伝での共演もあるのです。

事務所の先輩後輩ということで、福山さんと佐藤健さんはすでに師匠と弟子という関係だったのかもしれないですね。

舞台挨拶に参加した他の共演者のコメントは?

この舞台挨拶は佐藤健さんだけでなく、監督や武井咲さんも出ていました。

その方々のコメントも紹介してみたいと思います。

剣心2

 

スポンサードリンク



舞台上での武井咲さんも興奮冷めやらぬ感じで「なんかすごかったです」と涙を浮かべた。

「なぜここまで戦うのだろうと最初は思っていたけど、最後まで見届けると、ものすごく感情があった」とうなった。

青木さんも「クレジットが上がる瞬間、こんなに感慨深い気持ちになったのは初めてです」と涙ぐみ語っていました。さらに「パート1から始まって3年以上。言葉じゃないですね」と感動し佐藤健さんと抱擁し合ったようです。

大友監督も「お客さんに楽しんでもらうことを全力で考えました。1人ひとり、深い思いがあると思います」と語り、他のキャストやスタッフへの思いも口にした。

佐藤健さんも「みなさん、極限状態まで行ってるから、いろいろと大変でした。一生懸命やりました」と撮影の苦労を笑顔で吐露していました。

佐藤健さんは最後に「こうやって見てもらって、声を聞けて、今が一番うれしいです」と語り、「本当にこの仕事をしていて心から良かったと思います。みなさんがいてくれたからこそ、頑張れました」と熱く御礼を述べこの舞台挨拶が終了していたようです。

るろうに剣心 伝説の最期編

それでは「るろうに剣心 伝説の最期編」の概略を折角なので紹介しておきたいと思います。

週刊少年ジャンプに連載され、後にテレビアニメにもなった和月伸宏の同名コミックを佐藤健主演で実写映画化し、大ヒットを記録したアクション作の続編となる2部作の後編。

原作ファンの間でも人気の高い「京都編」を基に、日本制圧を目論む新たな敵に、かつて“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた男、緋村剣心が立ち向かう。

福山さん演じる比古清十郎

この映画「るろうに剣心 伝説の最期編」で福山さんが剣心の師匠の比古清十郎を演じているということは、すでに皆さんご存知のことと思います。

ここでは多くは書きませんが。

福山比古清十郎2

福山さん演じる比古清十郎はこんな感じのようです。

福山さん演じる比古清十郎の記事を用意しているので是非ご覧下さい。

今回は、福山さん出演の「るろうに剣心 伝説の最期編」の舞台挨拶の一部始終に関しての紹介記事を書きました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

今回の舞台挨拶に福山さんはいなかったので、福山さんの情報が少なかったかもしれないですね。

折角なので最後に福山さんのオフィシャルファンサイトのリンクを貼っておきます。

福山さんファンは必見サイトだと思います。

スポンサードリンク




関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ