福山雅治の人気ラジオ番組「魂のラジオ」

大人気シンガーソングライターの福山雅治。今回はその福山がパーソナリティを務めるラジオ番組「魂のラジオ」についての記事を書いてみました。

スポンサードリンク



 

福山ラジオ

 

魂のラジオは福山ファンならお馴染み、福山ファンでなくとも一度は耳にしたことのあるラジオ番組だと思います。

歌や、演技だけでない、素の福山を魂のラジオでは垣間見ることができるということで人気の長寿番組なのです。

老若男女問わず絶大な人気を誇る福山。彼が2000年から放送しているラジオ番組が「魂のラジオ」です。正式名称は「福山のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ」と言い、過去に「福山のオールナイトニッポン」を担当していたことから、本人の希望でこのような名前の番組となっています。

残念ながら、福山雅治さんの大人気のラジオ番組「魂のラジオ」は2015年の3月をもって終了しましたが、魂のラジオでリスナーが受け取った福山雅治との楽しい思い出は永遠に不滅なのですw

福山雅治のラジオ番組「魂のラジオ」を思い返しながら「魂のラジオ」に関して紹介してみたいと思います。

魂のラジオの概要

『福山のオールナイトニッポン サタデースペシャル・魂のラジオ、通称:魂ラジはシンガーソングライターで俳優の福山がパーソナリティを務めるラジオ番組だったのです。

毎週土曜23:30~25:00までニッポン放送をキー局に全国ネットで放送されている魂のラジオ。

放送開始は2000年の3月でかれこれ15年くらい続く長寿番組となっていますね。

福山さんも毎週土曜日の深夜に本当に大変だったと思います。生放送ですし。魂のラジオの輝かしい軌跡は以下になります。

  • 2002年(平成14年)2月16日の放送をもって、放送100回を達成。
  • 2004年(平成16年)1月17日の放送をもって、放送200回を達成。
  • 2005年(平成17年)12月17日の放送をもって、放送300回を達成。
  • 2007年(平成19年)11月24日の放送をもって、放送400回を達成。
  • 2009年(平成21年)10月17日の放送をもって、放送500回を達成。
  • 2011年(平成23年)9月24日の放送をもって、放送600回を達成。
  • 2013年(平成25年)8月24日の放送をもって、放送700回を達成。

コーナー紹介

・フリートーク

番組はじめや所々で繰り広げられるマシャトーク。最近感じたことや世の中のこと。番組のことなど毎週興味深い話をしてくれます。
このトークが聴きたいがために毎週楽しみにしているリスナーがたくさんいます。

・こんなことマシャ(福山)にしか聞けない。

恋に金に性の悩みまでこんな事マシャにしけないような悩みを相談してアドバイスをちょうだい!
という生活相談コーナーがありました。。あらゆる質問にマシャが丁寧に答えてくれます。過激な内容もアリなのでご注意をって感じでした。この時間だからこそ過激な悩みにも応えることができたんですけどね。

・魂ラジマネージャー募集

マネージャーになりたい者はいるかーーー!!!
意外にも人気のないマネージャという職業に花を咲かせるため魂ラジでは
本気でマネージャーになりたいリスナーをメール・はがきで募集しています。

ハイポなファンで申し訳ないのですが魂のラジオのマネージャーっていうのはあまり記憶に無いんです汗

すみません^^

・放送ジャック

ラジオお聴いてる奴が自分以外に存在しない、そんなことは断じて許せん!
もっと多くの人にこの面白いラジオ番組を宣伝しなければいけない。
という使命感を持って始まった番組内の緊急企画があったのです。福山雅治さんが「J」と名乗る人間になり、学校の昼休みに校内放送をするコーナーがあったのです。

こういった企画は面白いです!

・この歌はこんな風に聞こえる

このコーナーは、発売されている曲のフレーズが少し耳を澄ましてみると本当の歌詞とはぜんぜん違う「おもしろい」言葉に聴こえるではないか!という
いわゆる「空耳アワー」みたいなコーナーです。

・ラジオ告白伝言板

福山雅治さんが高校生のときにある地元のラジオ番組にあったというコーナー。
内容は、その名のとおり、ラジオを通して、ずっと言いたかったあんなことや
こんなことをあいてにつたえよう。ということ。
なかなか本人の前では言いにくいことでもこの企画の中でちゃんと伝えることができました。

本名も可でした。学校へ行こうとかの未成年の主徴的な企画?ですよね。こういった隠れた本音をぶつけることができるのは結構すっきりしますよね。

・魂のリクエスト

福山が毎週リスナーから寄せられたリクエストを生うた生ギターで応えます。
テレビに滅多に出ないマシャが毎週歌ってくれるのでファンにはありがたいコーナーです。
福山本人のナンバー以外にもリクエストが募集されており、それが以前CDになっていましたね。

福山雅治さんの本人の曲も本当に素敵なのですが、福山雅治さんがカバーする名曲もまた新しい一面をみることができてそのカバーしたリクエストされた曲を好きになったりしたもんです。

そんな風に新しい音楽が好きになったファンも多いのではないでしょうか?

こんな風に様々なコーナーで福山の魂のラジオは盛り上がっているのです。

スポンサードリンク



魂のラジオでのぞける福山の素顔

この魂ラジでは、多忙を極める福山のために、食べ物や飲み物が差し入れていました。

疲労回復のためのニンニクがごろごろ入っている料理であったり、薬膳鍋を食べたりしており、福山雅治さんはくつろぎながらこのラジオを放送していました。

最後の方は、福山さんはほとんど寝ながらラジオをやっていたという噂もあるくらいリラックスできる現場だったみたいなのです。

誕生日などの祝い事では、ケーキとシャンパンが出てくるのが福山雅治の魂のラジオの一大イベントだったのです。

福山の真面目な部分も聞ける魂のラジオ

魂のラジオは深夜番組のため、ちょっと大人な話も多いのですが、真面目な福山も登場します。

魂ラジでは、ましゃの素顔や下ネタだけでなく、真面目な話も聞けるのが魅力です。阪神大震災や東日本大震災に近い週では、特別番組が組まれています。エイズウィークには、専門家を招き、素朴な質問にも答えてもらうなど、エイズを減らすよう啓発活動を行っています。そんな真面目な福山の話を聞きたい人も多くいたのだと思います。

だから、そういう企画も多かった。

つねにふざけるのではなく、真面目な面も取り入れる。福山さんの魅力はやはりそういったギャップなのではないでしょうか?

と常々思っています。

福山の歌もたくさん聞ける魂のラジオ

魂ラジでは、もちろん、福山さん本人の楽曲も多く聞けます。カバーのリクエストばかりではありません。この番組で新曲を初めて聞けることもあり、福山ファンにはおすすめの番組だったのです。福山さんの新曲をチェックするにもこの番組「魂のラジオ」が最高だったのです。新曲を初めてフルで流すときは、福山さんは「宇宙初フルぶっかけ」という独自の言葉が使っていました。

実際の魂のラジオ

実際聞いたことのない人もいると思うのですが。

以前の収録されたものであれば、意外とyoutubeとかにupされています。

youtubeにアップしていいのかどうかわかりませんが、気になる方、久しぶりに福山さんのラジオでの声を聞いてみたい方はyoutubeで検索するのもありかもしれませんね。

意外と長い動画になっていました。

魂のリクエスト

先程のコーナー紹介で魂のリクエストというリスナーのリクエストに応えるというコーナーがあると紹介しました。

リスナーがどのようにメールするのかと言うとこんな感じです。

「私は社会人となり2年目となりました。私の職業は介護職です。実を言うと、好きで始めた仕事ではありません。むしろ、介護なんてしたくないと思っているくらいでした。しかし、就活をしていても希望の職種からはどこも内定を貰うことができず、最終手段に…と思って介護職を受けたのです。介護は私の母親がやっており、仕事の話をよく聞いていたので大変そうと言うイメージがついていたのかもしれません。しかし、実際に働いてみると想像していたよりも大変ではなく気がつけば1年が経っていました。でも、決して楽でもありませんでした。嫌になることは何度もありました。そんな時いつも聞いていたのが福山さんの『IN MY HEART』です。2年目となり新人が私の職場にも入ってきました。しかしまだ先輩としての自覚ができていないと思います。頼られる先輩としてこれからも頑張っていきたいと思います!!私の心にもう一度火を付けてください♪よろしくお願いします!」

F「介護職は本当に大変なお仕事だと思います。色んな経験をするでしょうね…じゃあ、もう一度、火を付けられるように」

そんな福山の思いとこのリスナーさんの思いとのコラボで福山の名曲IN MY HEARTが魂のラジオで流れたのです。

福山の魂のラジオはただ面白いだけでなく、福山の素に近いところが診れる、福山との距離を近く感じることができることが魅力なのかなって改めて思います。

今回の記事は福山雅治のラジオ番組、魂のラジオに関してでした。

こちらの記事も楽しく読んでいただけると思いますよ!

福山って身長体重のサバ読んでるの?

福山ラジオ2

終戦日を前にした放送回レポート(追記)

追記(8.15)になります。

福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオでの戦争に関するリスナーのお手紙の紹介がありましたね。

そのいくつか、及びそれに至る経緯を少し紹介しますね。

戦争とは本当に繰り返してはいけないことのように思います。

今も世界情勢が少し不安定ですし、1類感染症でも少し騒がしいですが、、、

それでは本題です。

69回目の終戦の日を前に、
リスナーのみなさんから戦争を体験したお爺ちゃんお婆ちゃんから聞いた話や、それについて感じたことや考えたことを送ってもらった今週。
久しぶりに『聞き書き』のコーナーが復活しました。
本当にたくさんのメールがおくられたようですが。
残念ながら番組で紹介できるのはその中のほんの一部のみ…。

そんな訳でメールの紹介がありました。

少しまとめて紹介します。

「私が熊本の祖母からよく聞く話があります。それは亡くなった祖父の事。

戦争に行く祖父を見送るとき、まだお嫁にいくには幼かった祖母は、当時近所の顔見知り程度の若き祖父から『私たちが戦争から生きて帰れた頃にはあなたがたは嫁に行ってるんだろうな』と言われ、『あなたがたが帰るまで嫁に行かずに待っていますから』と冗談と笑顔で見送ったそうです。

ありがたいことに祖父は生きて帰り、なんと冗談が現実になり、祖母と結婚、4人の子に恵まれましたが、私の母が学生のとき、あっけなく病気で他界。

今でも祖父の写真を財布にしのばせている祖母。母は同じ話を何度もしてくれますが、あのとき祖父がもし生きて帰って来なかったら、わたしは話が聞けるどころか生まれてもいなかったんだと思うと、祖父に感謝してもしきれないなと祖母の話を聞くたびに感じます。」

この話は戦争という苛烈な状況ではありますが、心温まるお話ですよね。

なんか涙腺が緩む思いです。

もちろん、こういう結末は数少ないのだろうとは思いますが・・・

「子供の頃、祖母から戦争の話をよく聞いていました。

初めて詳しく話を聞いたのは小学校低学年の時。

話を聞いても最初は話の内容全てを理解することがなかなかできませんでしたが、幼いながらに『自分の住んでいる日本で昔恐ろしいことが起きていたんだ』と話を聞きながら感じていました。

祖母は戦争がきっかけで2人の兄弟を亡くしました。一瞬にして大切な人を失ってしまう、そして罪のない人の命と未来までもが奪われてしまう戦争。

二度と起きてはいけない、起こしてはいけないものであり、この当たり前に感じながら過ごしている毎日は決して当たり前なことではないんだと、原爆投下の日が来る度に感じています。」

このように、様々な人生があり、戦争に関するエピソードがあるんですよね。

だから、原爆を落とされてた唯一の国として、戦争の歴史を風化させてはいけないのだと、思いますね。

福山さんにもそういった思いがあるから、年に一回はこのような企画が行われているのだと思います。

もし、地球で第四次世界大戦が起こったら、その時は棒切れと石で戦争が起こるとある物理学者が予言しているとのことです。

それがどういうことか・・・

つまり第三次世界大戦がもし、起こってしまったら、まっさらな大地に戻るかもしれないということです。

平和な今を大切にしたいですね。

終戦にちなんで、福山さんの「魂のラジオ」の記事を追記させていただきました!

ゲストも豪華

この魂のラジオ、出演するゲストもかなり豪華です。

以前、佐藤健さんが出演していました。

佐藤健さんと言えば、現在、福山雅治と映画「るろうに剣心」で共演していますね。

その流れでの登場だったとは思いますが。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク




関連記事はこちら!

コメントを残す

このページの先頭へ