福山雅治のライブのツアーメンバーってどんな人たちと回っているの?!

大人気シンガーソングライターの福山雅治さん。福山さんは名義は勿論ソロですが、ライブを1人でやっているわけではないですよね。今回は福山さんがツアーの時に一緒にライブを作り上げているツアーメンバーについて調べてみました。

スポンサードリンク



福山さんはもちろん、スゴい人であるということになんの疑いもないのですが、ツアーは1人ではできません。

色々な人の支えがあって完成していくものだと思います。

そのツアーの規模が大きければ大きいほど、その傾向は大きくなり、スタッフは多くなり、サポートメンバー、ツアーメンバーは多くなっていくと思います。

福山さんもそういった人たちに支えられてツアーができているわけですね。福山さんも確実にその辺のことは感謝しきりであると思います。

福山ツアー

福山さんのようにソロで活躍する歌手はメンバーをどうやって集めるのか?

副題通り、福山さんのようにソロで活躍するアーティストはツアーメンバーのようなバンドメンバーをどうやって集めるのかって疑問に思うことってありませんか?

まず、そこに触れてみますね。。

ツアーメンバーの集め方というところでしょうか。

井上さんやまたろうさんなどはほぼライブの専属のようになっていますが、基本は各楽器の方に期間契約でオファーを出しているようですね。

なので、その年のスケジュールなどによって毎年バンドメンバーは変わってきます。

桑田さんと福山さんなどは、同じ方と一緒にやっていることがあります。

以前のツアーにバイオリンでいらっしゃった金原さんは、今年は桑田さんのバンドメンバーでツアーにいました。

きっと最初は紹介されながらバンドメンバーを集めるでしょうから、同じ事務所で同じように大物になってきたりすると、同じ方がバンドメンバーにいたりするんでしょうね。

基本的には一緒にライブをやりたい演奏者の方にいつからいつまでがツアー期間だったり、ライブやったりするから予定飽いているのなら来てくれという感じでオファーを出すのでしょうね。

福山さんのツアーメンバーは?!

それでは福山さんのツアーメンバーの紹介です。

中々、ボーカルというわけではないので、耳なじみがなかったりするかもしれませんが、一応紹介しますね!!

これは以前のツアーメンバーなので、今後のツアーメンバーはまた変わってくるかもしれませんが。。。

キャプテン、井上鑑(キーボード)
山木秀夫(ドラム)
高水健司(ベース)
今剛(ギター)
小倉博和(ギター)
三沢またろう(パーカッション)
金原千恵子(バイオリン)
山本拓夫(サックス)
村田陽一(トロンボーン)
西村浩二(トランペット)
坪倉唯子(バックコーラス)
渕上祥人(バックコーラス)
Tiger(バックコーラス)

というツアーメンバーになっています。

いかがでしょうか。ピンときますか??

スポンサードリンク



福山さんツアーメンバーのキャプテン井上鑑さんについて

それでは、特に福山さんのツアーメンバーの中で、キャプテンを張る井上鑑さんについてまとめてみたいと思います。

井上鑑さんは清らかで美しく、そして文学的な旋律を紡ぎ出す才人。

福山ツアー2

以下に彼の経歴をざっと記す。53年東京に生まれた井上は、大学在学中からプロの音楽家(鍵盤楽器奏者/作詞家/作曲家)として活動を開始。

その後、アレンジャー/プロデューサーとして多くのアーティスト作品に関与、81年にリリースされた寺尾聰のアルバム『REFLECTIONS』(編曲などを手がけた)は、延べ130万枚以上という記録的ヒットを記録した。

という感じでキーボード演奏者であると同時にアレンジャーとして福山さんのツアーメンバーとして多大なる影響力を持っている人なのです。

彼のバンド井山大今は福山雅治バンドの主要ツアーメンバーなのです。

ひとつのツアーで50万人以上を熱狂させる福山雅治バンドのエンジンである。

井上鑑(keyb)はキャプテンとして、福山とともにアレンジとディレクションを行い、徹底的に音楽を磨き上げていく。

福山はコンサート会場でもとくに山木秀夫(ds)への厚い信頼を隠さない。

毎回、コンサートが終盤盛り上がりに向かうときに気合いをかける福山のひとことは「行くよ!山ちゃん」だ。

なお、福山バンドのコアメンバーには三沢またろう(perc)、小倉博和(g)、村田陽一(tb)らがいることも付記しておこう。

バンド名は、メンバーの漢字名からひとつずつ、高水健司だけは”大仏”からとっている。

福山ツアー3

今回は福山さんのツアーメンバーの記事でした。

福山さんのツアーやライブとなると、当然ではありますが、福山さんだけに目が行ってしまいがちです。

それは我々は福山さんファンだからそれはやはり当然なんですね。

でもこうやって、素晴らしい音楽家の人が少数ではなく沢山福山さんをサポートしているんだという見方で福山さんのライブを見るのもまた、福山さんのライブの見方が変わり新たな面白さが発見できるのではないかなって思います。いかがでしょうか?

福山さんの楽曲をそのツアーメンバーと知恵を出し合い、練習しさらによいものになっているって想像した・・・

なんだかワクワクしませんか?

今回、福山さんのツアーメンバーや、ツアーメンバーをどうやって集めているのかに焦点を当てた記事をかいてみました。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!!

スポンサードリンク




関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

このページの先頭へ