【ドラマ主題歌】福山雅治の虹がドラマ・ウォーターボーイズの主題歌だった?!

大人気の歌手で俳優の福山雅治さん。

福山雅治さんが歌手だけでなく俳優としても実に優秀で様々な映画やドラマに出演されていますね。

スポンサードリンク



それと同様に福山さんは歌手としても有名で福山さんの楽曲は様々なドラマやCM、映画主題歌等に使用されていることは改めて言うまでもなく周知の事実と言ったところではないでしょうか?

今回は福山さんの楽曲「虹」が主題歌になったドラマ・ウォーターボーイズについての紹介記事になります。

それではよろしくお願い致します。

“ø •ŸŽR‰ëŽ¡

“ø •ŸŽR‰ëŽ¡

ドラマ「ウォーターボーイズ」とは?

それではドラマ「ウォーターボーイズ」とはどんなドラマだったのかというところを紹介したいと思います。

ドラマ「ウォーターボーイズ」とは2003年の7月から9月までフジテレビの火曜日21時から毎回1時間の枠で放送されていたドラマです。

月9ではなく火曜9時ですね。

福山さんの月9ドラマ「ラブソング」の視聴率は残念な結果になりましたが、このウォーターボーイズというドラマの平均視聴率は16%でかなりの成功をおさめたと言えるドラマだったのです。

概要とストーリーですがwiki参照なのですが、概要は

舞台は、映画版から2年後の同じ唯野高校水泳部。映画版出演の眞鍋かをりが引き続き水泳部シンクロ同好会の顧問・佐久間恵として、玉木宏が水泳部のOB・佐藤勝正として出演している。また磯村・オカマバーのママ・杉田教諭・尾崎校長なども映画版に引き続き出演している。初回及び最終回には、主題歌「虹」を歌う福山雅治がラジオパーソナリティ役で声の出演を行った。

 

ストーリーはこんな感じなのですが

シンクロに憧れ唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎(山田孝之)が高校最後の学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれた。そこに、同じくシンクロに憧れている立松憲男(森山未來)が転校してくるも、シンクロ公演が突如中止されることに。さまざまな壁を乗り越えて夢のシンクロ公演実現へと向かってゆく。

2003年のドラマですが、かなりの人気ドラマだったこともあり記憶にある方もおおいのではないでしょうか?

スポンサードリンク



福山雅治の「虹」がドラマ・ウォーターボーイズの主題歌

福山さんの18枚目のシングル「虹」がドラマ「ウォーターボーイズ」の主題歌なのです。

この「虹」には「それがすべてさ」「ひまわり」と3曲が収録されているのですが、「虹」はドラマ「ウォーターボーイズ」の主題歌、「されがすべてさ」はポカリスエットのCMに起用されましたね。

「虹」に込められた意味を考察してみたいと思います。

ちなみに歌詞はこちらのサイトから閲覧できます。

このドラマ「ウォーターボーイズ」の主題歌「虹」には「超える」という意味が込められているようです。

そしてドラマの内容の通り青春を感じさせる作りになっています。

シンクロに縁のなかった男子生徒が様々な困難に立ち向かい自らの限界を超えて行くドラマの作りとぴったりです。

「イメージの向こうへ」「僕の向こうへ」というフレーズが特に「虹」のテーマでもありドラマ「ウォーターボーイズ」のテーマとも言える「超える」ということを示しているのではないでしょうか?

合唱曲にも選ばれる福山雅治の「虹」

ドラマ「ウォーターボーイズ」の主題歌の「虹」ですが、爽やかでポップな曲でありテーマも「超える」という前向きなことから、合唱曲としても人気があるようです。

やはり歌詞も良く応援ソングとしての性質が高いということから合唱に選ばれやすいという背景があるようですね。

特に夏にぴったりと言う感じですね。

今回は福山雅治さんの虹が主題歌となったドラマ「ウォーターボーイズ」をテーマに記事を紹介させていただきました。

この他にも福山雅治さんの歌い方などをテーマにした記事もありますので是非そちらも併せてご覧下さい。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




関連記事はこちら!

One Response to “【ドラマ主題歌】福山雅治の虹がドラマ・ウォーターボーイズの主題歌だった?!”

  1. 斎藤さん より:

    最高の夏歌ですネッこの歌を聴くと、夏が来たんだなっ❗️と、思いますネッ

コメントを残す

このページの先頭へ